トピックス

2011年度クラブ表彰式を講演会と一緒に行いました。(2012-3-24)

2012年 5月 8日

八女高校ダンス部のみなさんとアウラ

八女高校ダンス部のみなさんとアウラ

八女高校ダンス部、

八女高校ダンス部

八女高校、ダンス部、表彰

八女高校、ダンス部、表彰

今年度のクラブ表彰式は、久留米ーアウラの新しい試みとして、講演会と一緒に行いました。
ヴァイオレットリチャードソン賞受賞の末法佳奈さん(八女高校ダンス部)とダンス部のみなさんが、素晴らしいパフォーマンスを披露してくださり、
たくさんの元気をいただきました。
ありがとうございます。
これからも、ボランティア活動、頑張ってくださいね。

3・11被災された皆さまに心からのお見舞いを申し上げます。(2011-3-11)

2011年 5月 19日

2011年3月11日、とてつもなく大きな地震と津波が、東日本を襲いました。加えて、原発でも、大きなダメージがありました。日本北リジョン、日本東リジョンのソロプチミストの皆さまにおかれましても、たいへんな被害を被られたことと拝察いたします。被災された全ての皆さまに、心からお見舞いを申し上げます。そして、1日も早い復旧、復興をお祈り申し上げます。

2011AED(自動除細動器)をJR久留米駅に寄贈しました。

2011年 5月 17日

AED寄贈式in JR久留米2011-2-25IMG_7459

編集済、AED講習会2011-2-25IMG_7450

2011年2月25日、SI久留米ーアウラの認証5周年記念事業の一環として、JR久留米駅にAEDを寄贈しました。同時に駅の関係者の皆さまとソロプチミスト会員で講習会を受講し、正しい処置の仕方と使用方法を学びました。心臓に何らかの異常があって倒れる方の救命率は、1分遅れるごとに7~10%づつ下がるそうです。このAEDが、そんな方の何らかのお役にたてれば幸いです。(使用する必要が生じないにこしたことはありませんが。)

2011ニューイヤーチャリティコンサート

2011年 5月 6日

編集済、アウラ新年チャリティコンサート2011.1.19 0362011ポスター、水上裕子さん、チャリティコンサート2011-1-192011年1月19日、水上裕子さんを招いて、ニューイヤーチャリティコンサートを開催しました。ちょうどソ連が崩壊した時にモスクワで勉強中だった裕子さんは、命からがらモスクワを脱出し、ヨーロッパを回りながらコンサート活動を続けてこられました。その時の体験談も交えたトーク、思いのつまったピアノや歌声は、参加者の心を深くとらえました。詩人であり、脚本家でもあるポーランド人のご主人(チャウシェスク政権下で亡命)が朗読してくれた自作の詩も、ふるさとと、国に残してきた母を想う悲しく切ない気持ちの込められたとても素晴らしい詩でした。

このチャリティコンサートで得られた収益は、「女性と女児の生活と地位の向上」の用途のために使わせていただきます。

2010日本財団年次大会(松山)

2011年 5月 5日

里川さん受賞の時、日本財団表彰式in松山・2010-11-25集合写真、日本財団表彰式in松山・2010-11-252010年11月25日、松山(愛媛)で開かれたソロプチミスト日本財団年次大会に参加しました。今回は、SI久留米ーアウラ推薦の里川径一さんが、「社会ボランティア賞~社会人の部」を受賞されましたので、推薦クラブとしてもたいへん嬉しく、表彰式を見守りました。

里川さんは、阪神淡路大震災当時からボランティア活動を続けておられ、現在は、「AIM国際ボランティアを育てる会」の代表として、カンボジアや日本国内において、各種技術支援、教育支援を行っておられます。

講演会『笑顔がくれたもの~ウガンダの子どもたちの現状』(2010年3月27日)

2010年 4月 9日

3月27日の講演会には、たくさんの皆様のご来場、まことにありがとうございました。無事終了いたしました。

講師・高橋敦子さんの子どもたちへの思い、 きっと皆さまにも伝わったのではないかと思います。人はみんな、「夢」「希望」を持っていれば、多くの困難にも負けずに、しっかり生きていけることを改め て教えてもらったような気がします。皆さま方の、これからの生き方のヒントにしていただければ、本当に嬉しく思います。

JPG講演会全景・ソロプチアウラ講演会・高橋敦子氏・2010-3-27-015

JPG高橋氏アップ・ソロプチアウラ講演会・高橋敦子氏・2010-3-27-018

参加者の皆さんと・高橋敦子さん講演会2010-3-27-001

講演会「笑顔がくれたもの~ウガンダの子どもたちの現状~」のお知らせ

2010年 3月 11日

3月27日(土)午後1時30分よりえーるピア久留米(210,211研修室)において、表記講演会を開催いたします(入場無料、定員70名様)。 (さらに…)

「夢を生きる」アートコンテスト作品発表

2009年 10月 25日

「夢を生きる」アートコンテストにご応募くださった作品はこの場で発表いたします。。 皆さまにとって、自分に勇気を与えてくれる現代の女性とは、どんな女性でしょう? 応募くださった作品は、アメリカ連盟にて審査ののち「夢をいきる」フェイスブックページに掲載されます。それぞれの部門でもっとも多くの「いいね」を得た作品が受賞となり、ギフト券が贈られます。

部門1:4歳~6歳

ソロプチミスト「夢を生きる」アートコンテスト作品募集

2009年 10月 8日

2009yume_top_bana

応募いただけるのは、4 歳から18 歳まで(18 歳含む)の男女です。
自分に勇気をあたえてくれる現代の女性を描いてください。
個人的に知っている身近な女性でも、尊敬する有名な女性でも構いません。
過去の歴史上の人物ではありませんから、気をつけてくださいね。

何を使って書くかは自由ですが、必ず、手書きで描いてください。
パソコンによる処理は認められません。

用紙は何に描いていただいてもかまいませんが、
27 センチx35 センチ以内の大きさに描いてください。

絵を出す時は、必ず、応募用紙(パソコンから印刷してください)
に必要事項を記入して一緒に出してください。
( 自分で書けない時は、ご両親や先生などに相談してくださいね)

2009 年10 月20 日までに下記住所あてにお渡しください。
応募いただいた作品は全て、国際ソロプチミスト久留米―アウラの
ホームページ(http://www.si-kurume-aura.com) にてご紹介し、優秀作品
は、国際ソロプチミストアメリカ連盟の事務局にて審査され、最優秀作品
には、賞金が贈られます。

作品募集

応募いただいた方には、全員に参加賞をお送りいたします。
皆さまからのご応募をお待ちしております。
応募いただけるのは、4 歳から18 歳まで(18 歳含む)の男女です。

応募用紙ダウンロード

郵送による送付先
〒830-0032 久留米市東町25-7-2F 堀川貴子
お問い合わせ℡:0942-30-0170
( メールでの添付はみとめられませんので、必ず原本を郵送してください。)
お問い合わせ:nagi@nagi-web.com
(2009 年10 月20 日必着)

ソロプチミスト夢を生きるキャンペーン

2009年 7月 24日

~あなたの夢をあきらめないで~

このキャンペーンは2006年3月8日から開始されています。

世界中で、多くの女性と女児が貧困、差別、家庭内での虐待や性的暴力に満ちた

生活の中に閉じ込められています。

ソロプチミストの「夢を 生きる」キャンペーンは、これらの問題について、また、女性と

女児がよりよい生活を送るのを助けるために何ができるのかについて、理解推進を

目指しています。

このキャンペーンでご提供いただいた資金は、「女性に機会を与える賞」などの

プログラムの資金となります。

2010夢をいきるキャンペーンポスター「女性に機会を与える賞」

▲TOP

Copyright (c) 2009 国際ソロプチミスト久留米-アウラ. All Rights Reserved.